ソーラーシェアリングを始める~リスクを知った上で開始~

男の人と女の人

ソーラーシェアリングの仕組み

ソーラーシェアリングの仕組みは農地にパネルを設置し、営農をしながら再生可能エネルギーである太陽光発電をするものです。農業と発電、両方で収益を得る事ができるので注目を集めています。

葉っぱ

農地を有効活用することができる

ソーラーシェアリングは広い農地を有効活用できる太陽光発電システムです。再生可能エネルギーを活用するにあたり、広い土地に発電パネルを設置するとその分多くの電気を作る事ができます。

作業員

ソーラーシェアリングには許可が必要

再生可能エネルギー事業に参入するためにソーラーシェアリングをするには、農業委員会から農地転用の許可をもらわなければなりません。法務局で登記簿謄本を取得し、設計図を作成し、耕作の計画書を立て、関係各位に許可をもらって資金を調える必要があります。

ソーラーシェアリングで得られるメリットランキング

ビル
no.1

農業と発電双方の収益が得られる

再生可能エネルギー事業で参入したソーラーシェアリングで得られるメリットは、農業と発電双方の収益が得られるという点が大きなメリットです。

no.2

太陽光で収益が安定すると農家一本でやっていける

再生可能エネルギー事業参入でソーラーシェアリングをすると収入が安定し、これまで兼業農家でやってきた農家が専業農家でやっていけるようになるという事例があります。

no.3

パネルが日陰になり夏作業しやすい

再生可能エネルギー事業参入でソーラーシェアリングをするとパネルが日陰になって夏の作業がしやすくなります。

no.4

若者が農業に参加しやすくなる

再生可能エネルギーで得られた収益でゆとりが出るとわかれば、若者がソーラーシェアリングに参入しやすくなるというメリットもあります。

no.5

環境への意識が高くなる

再生可能エネルギー事業のソーラーシェアリングで地球にやさしい電気を作っているという事で環境への意識も高くなります。

メリットだけでなく注意点も…

ソーラーシェアリングでの再生可能エネルギー事業への参戦はメリットばかりではありません。資金繰りや人員補給など、注意点が多いのも特徴です。

再生可能エネルギーの種類をチェック

太陽光発電

太陽光発電システム

再生可能エネルギーの中でメジャーなのは太陽光発電システムです。農地転用するソーラーシェアリングが人気です。

風で発電する風力発電システム

風車を回して風を起こして発電する風力発電システムもメジャーな発電です。海沿いや風の強いところに風車を置いて再生可能エネルギーを生み出しています。

バイオマス発電システム

木質バイオマスは畜産からでる廃棄物のCOを利用した再生可能エネルギーが、バイオマス発電システムです。地域産業と結びついた利用方法がいろいろ考えられています。

地熱を利用した地熱発電システム

温泉地などでは地熱を使用した地熱発電システムが再生可能エネルギーとして採用されています。温水プールや床暖房などでの活用が期待されています。

河川を利用する小水力発電システム

水力発電というと大規模なダムを想像しますが、再生可能エネルギーを利用した近年の小水力ダムは自然の河川を利用した水の流れで電気を作ります。

様々な方法でエネルギーを生み出すことが可能

このようにソーラーシェアリングだけではなく、再生可能エネルギーには様々な方法があるのです。

ソーラーシェアリング導入の疑問

街の風景

農業と太陽光で収益がでるのか

ソーラーシェアリングの導入で農業と太陽光発電両方の収益を出すには土地柄や作物などのチョイスも含め成功例もあるので期待できる産業といえましょう。

農作物に影響はでないのか

畑の上にパネルを設置するソーラーシェアリングは、農作物に影響が出ないか不安視する声もあります。しかし、日陰でも大丈夫な農作物を植える事で逆に収益につながる可能性もあります。

使ってない農地を貸し出す事は可能か

きちんと営農ができる農地で再生可能エネルギーのソーラーシェアリング業が成立するならば可能です。

メンテナンスは必要なのか

再生可能エネルギーのソーラーシェアリングは、こまめなメンテナンスは必要ありませんが、安全のためにも点検整備はきちんとしておくようにしましょう。

身内に相続はできるのか

地主にもしもの事があった場合、導入した再生可能エネルギーのソーラーシェアリングは想像出来ます。専門家にあらかじめ相談しておくことをオススメします。

広告募集中